取得項目設定

取得項目設定はデフォルトで全部チェックが入っています。すなわち、全てのデータが出力されるように設定されています。

 


1. ツールの上段のメニューの「設定」⇒「取得項目設定」をクリックします。

 

 


2. 下記の画面が表示されます。

 

 


3. 取得したいデータを特定し、チェックボックスにチェックを入れてください。

  • グループ1のデータ項目:最低価格の商品(メイン・コンディション)、最低価格の商品(サブ・コンディション)、最低価格の商品(出荷元)、最低価格の商品(配送国)、最低価格の商品(配送準備期間)、最低価格の商品(出品者の評価率)、最低価格の商品(出品者の評価数)、最低価格の商品(商品代:送料込み)、最低価格の商品(商品代)、最低価格の商品(送料)、最低価格の商品(ポイント)、ショッピングカートボックス、ショッピングカートボックス(自社の取得可否)、ショッピングカートボックス(メイン・コンディション)、ショッピングカートボックス(サブ・コンディション)、ショッピングカートボックス(商品代:送料込み)、ショッピングカートボックス(商品代)、ショッピングカートボックス(送料)、ショッピングカートボックス(ポイント)、出品者数(新品)、出品者数(コレクター商品)、出品者数(中古)、メイン・カテゴリ名、メイン・カテゴリ名(売れ筋ランキング)、下位カテゴリ名1、下位カテゴリ名1(売れ筋ランキング)、下位カテゴリ名2、下位カテゴリ名2(売れ筋ランキング)、下位カテゴリ名3、下位カテゴリ名3(売れ筋ランキング)

 

  • グループ2のデータ項目:商品名、Blu-rayリージョンコード、エディション、商品サイズ(cm)、商品重量(グラム)、アダルト可否、ブランド名、対応言語、参考価格、メーカ名、ディスク枚数、アイテム数、ページ数、パッケージサイズ(cm)、パッケージ重量(グラム)、パッケージ個数、商品グループ、商品タイプ名、発売日、出版社、リリース日、再生時間、サムネイル画像URL、メイン画像URL、販売元、媒体種類

取得項目の詳細に関しては下記のリンクをクリックしてください。

取得項目設定