輸出できる商品とできない商品とは


ここで輸出できるか?輸出できないか?調べてから仕入される事をお勧めします。また日本から輸出を禁止されている商品や販売予定国で輸入が禁止されている商品や申請又は認可があれば販売できる商品が確認下さい。

 

食品関連

厚生労働省医薬食品局の許可が必要です。または販売予定国での輸入規制も満たす必要があります。販売にあたって外務省や販売予定国の食品医薬局のホームページで確認下さい。

 

動物関連

海外でも人気の柴犬や盆栽など、動植物も輸出する時にも許可が必要です。

 

特殊権、商標権、意匠権、著作権など

偽物やコピー品、キャッチコピー、広告などの販売を禁止されている商品を販売してしまいIDを停止勧告の対象になりますのでご注意下さい。

 

 

高性能な電子機器類

高性能な赤外線カメラやGPSは軍用技術への転用を防ぐために核非判定をしないと輸出することが出来ない場合もあります。国内では普通に使われているゴルフクラブなどの商品も輸出規制の対象になっている場合もありますのでご注意下さい。

 

 

その他

タバコ、酒類、刃物、避妊薬、医薬品、可燃性の物質、幼児用の製品、玩具なども輸入、輸出規制の対象になりますのでホームページにて確認下さい。

 

 

 

輸出できる商品とできない商品とは