仕入のよくある失敗談


事前によくある失敗談を知って対処しましょう

 

輸送中(配送中)の破損

 

海外から輸入さえれる際、国によって扱いが荒いところもあります。梱包不足や荷物の衝突にもある程度も考慮して商品を仕入れるのも大切になってきます。届いて破損が見られた場合、壊れた部分を写真に撮って置くと返品が楽になると思います。

 

湿気で本やパッケージがヨレヨレ

 

配送方法や気温差、気圧の変化によって生じる水気で本や雑誌や商品パッケージがヨレヨレになってしまうケースもあります。

 

偽物

 

インタネットで仕入れる場合、写真と違う商品が届く場合があります。本物が販売元に確認して販売をお勧めします。商品によっては知的財産侵害にあらりアマゾンのID停止警告の対象になるが場合がありますのでご注意下さい。

 

注文と違う商品が配達されて着た場合

 

沢山の種類がある場合、決済前にもう一度確認して仕入をお勧めします。注文ミスや販売者の納品ミスと色々なケースがありますので、販売元に連絡をしましょう。

 

薬事法など資格が必要な商品

 

医薬品、医薬部外品(健康食品など)、化粧品、ペットフード、食器(箸やお弁当箱など)輸入販売する場合は製造販売業、製造業に許可が必要です

 

日本と海外の基準が違う商品

 

海外の電化商品はコンセントのワットや差し込み部分の形が違う商品が有ります。またDVDには各国ごとにリージョンコードがありDVD機器によって再生出来ない物もあります。

リージョンコードとは…

リージョンコードの正規ろごは「ALL」です。1~8の分類されます。

1 バミューダ諸島カナダアメリカ合衆国 およびその保護下にある地域
2 中東諸国、西ヨーロッパ中央ヨーロッパエジプトフランス保護領、グリーンランド日本レソト南アフリカ および スワジランド
3 東南アジア香港マカオ韓国 および 台湾
4 中央アメリカカリブ海諸国メキシコオセアニア南アメリカ
5 アフリカ、旧ソビエト連邦諸国、インド亜大陸アフガニスタンモンゴル北朝鮮
6 中国本土
7 予備
8 航空機および旅客船などの国際領域での利用など
仕入のよくある失敗談